読書マラソン三冊目〜コーヒーが冷めないうちに〜

こんにちは。えいこ(@eiko_dokusho)です。

読書マラソン三冊目は、2018年に有村架純さん主演で映画化された「コーヒーが冷めないうちに」です。

ネタバレはありません。

スポンサーリンク

今回読んだ本

「コーヒーが冷めないうちに」

川口俊和 著 サンマーク出版 348ページ(残り41,050ページ)

「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」

とある街の、とある喫茶店の

とある座席には不思議な都市伝説があった

その席に座ると、その席に座っている間だけ

望んだ通りの時間に移動ができるという

「コーヒーが冷めないうちに」 川口俊和

喫茶店「フニクラフニクラ」を舞台に起こった、『恋人の話』『夫婦の話』『姉妹の話』『親子の話』の四つの話が繰り広げられます。

作者の川口さんは脚本家なので小説というよりかは、舞台の台本を読んでいる感じです。

スポンサーリンク

作者 川口俊和さんってどんな人?

1971年生まれ。大阪府茨木市出身。

元・劇団音速かたつむり脚本家兼演出家

本作の元となった舞台、1110プロヂュース公演「コーヒーが冷めないうちに」で、第10回杉並演劇祭大賞を受賞。本作が小説家デビュー作

2017年本屋大賞にノミネートされた。

スポンサーリンク

望んだ通りの時間に移動ができるとしたらなにをしますか?

この小説は、望んだ通りに時間が移動できるいわゆるSF的な要素が入っています。

タイムトラベルするためのルールとして、

  1. この喫茶店を訪れたことの無いものには会うことができない
  2. どんな努力をしても、現実は変わらない
  3. (タイムトラベルできる)席には先客がいる 席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
  4. その席を立って移動することはできない
  5. (タイムトラベルできるのは)コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ

このルールの中でこの本に出てくる人々がそれぞれの物語を紡ぎ出します。

現実が変わらないなら意味がない?

誰かが「いなくなってしまう」「病気にかかってしまう」という現実は変えられない。

そんな、タイムトラベルは意味があるのか?

第四話の主人公はこう気がつきます。

やっとわかった

(中略)

現実が変わったわけじゃない。(中略)変わったのは「心」。(中略)

心一つで、人間はどんなつらい現実も乗り越えていけるのだから、現実は変わらなくとも、人の心が変わるのなら、この椅子にもきっと大事な意味がある...

「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和

現実は変わらなくても、自分の伝えたかったことをきちんと伝えることで何かが変わる

”今”を大切に生きよう!

現実世界では、タイムトラベルはできません。

この物語を読んで、「あの時こう言っておけばよかった!」「これもできなかった!」と後悔しないように”今”を大切に生きようと思いました。

日々の生活に追われている中、夫には「結婚してくれてありがとう」の気持ち娘たちには「私たちの元に生まれてきてくれてありがとう」という気持ちをきちんと伝えられていません。

口に出して言うのは恥ずかしいことを「きちんと伝えよう!」と思わせてくれた小説でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事